ホヤぼーやサメサーフィン 攻略ヒント1
2019.03.28
ゲームにすぐ行き詰ってしまう方のために
ホヤぼーやサメサーフィン攻略のヒントになる情報をいくつかUPしておきますね。



●1つめ、 「金カモメ」
ゲーム冒頭に現れる「金カモメ」は必ずゲットしておきましょう。
ライフをひとつ増やせます。この差は大きいです。

最近は確認できてませんが、
早いうちにゲットできると、もう一羽飛んでくることもあるはずです。
\(*^▽^*)/


●2つめ 「カモメはジャンプで」
「カモメ」や「金カモメ」などの空を飛ぶキャラクターには「ジャンプ」しないと接触しません。

お邪魔キャラクターの「カモメ」が近づいてくるときは
「ジャンプ」しないようにして他の障害物を切り抜けねばなりません。

逆に、
ライフを増やせる「金カモメ」が近づいてきたら、他の障害物にぶつからないようにしつつ
積極的に「ジャンプ」してホヤぼーやの頭部をタッチさせるようにしましょう。


●3つめ 「画面の左右端」
マニュアルにも書いてあることですが、ゲームスタート時、ホヤぼーやは前方に直進しています。
そままにしておくと、すぐに前方に岩が現れ、衝突します。
必ず方向キーを押して左右どちらかに曲がっておきましょう。

また「ゲーム画面の左右端」にちょっとでも留まっていようとすると、
同じように岩山が列を成して迫ってきます。
列を成しているので「ジャンプ」しても飛び越えられません。

なので「ゲーム画面の左右端」を安全な退避場所と考えるのは間違いです。

ただし「岩山の列」が現れるまでのわずかな時間を、
「進路の確認」や「空きスペース待ち」など、戦略的に利用することは賢い選択です。

どちらにしても「ゲーム画面の左右端」は落ち着ける場所ではないことを覚えておきましょう。


●4つめ 「ジャンプ中方向転換」
ホヤぼーやは「ジャンプ中」にも「方向転換」が出来ます。
この技をうまく利用すると、行き止まりの危機を回避できたり、開けた進路に着水できたりします。
また岩の上に浮かぶ「コイン」にダブルタッチ出来たりします。


●5つめ 「コインへのタッチ法」
「コイン」にタッチするとボーナスポイントをゲット出来ます。
また「コイン」は当たり判定がゆるいため、非常にタッチしやすくなっています。
「ホヤぼーや」「リアス号」「走行波」のどれかが接触すれば良いのです。

そればかりか一度タッチして、キラキラが完全に消えるまでの間に再度タッチすれば
さらにカウントされます。

「コイン複数タッチ」の仕方は、タッチ後すぐに方向転換して「リアス号の走行波」を振ることです。
タイミングよく左右に振ればトリプルタッチも可能です。
(^^;


ということで、今日はここまで…

(^ ^)/




アンインストール方法と参考情報
2019.03.26
このソフトのアンインストールは一般的な方法でOKです。

一般的な方法が分からないという方のために一応説明すると

Windows 10の場合
スタートメニュー→windowsツール→コントロールパネル→プログラム→プログラムと機能→アンインストール
の一覧から「ホヤぼーやミニゲーム1」を選んで実行するだけです。

これでこのソフトの削除(アンインストール)は終了。

(・・)/以上です。



市販の多くのアプリケーションと同じ様に、
アンインストールしても、ソフトが使ったフォルダと数個の極めて小さなファイルは残ります。
放っておいても、全くと言ってよいほどディスクの場所も取りませんし実害は生じません。

なので「一般的な意味でアンインストール」は終了です。

(^_^)/end

悪い事言いません。
パソコン初心者の方や、パソコンライフを平和に過ごしていきたい方は
ホント ここで読むのを終了してください。
(・_・)/オワリネ

以下は

「ボクは完全主義者なので、アンインストールしたのに
 使わないフォルダと数個ファイルが残るなんて耐えられない~!」

「危険は承知している。
 万がいち操作を誤ってパソコンを壊しても、誰も恨まないから、完全に削除させてくれ!」

というマニアックな少数者(自分もそう)だけのために、以下を書きます。
なので、平和に過ごしている一般の方は、本当にこれ以上読み進めないでください。



----------
何度も警告しました。
これ以降は、自己責任です。(・。・)/

このソフトはインストールすると、以下に記したフォルダを作り、
ハイスコアの記録ファイルなどがそのフォルダに置かれます。

windows 7-8-10の場合

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Clickteam

このフォルダは「隠しファイルを表示する」モードにしないと見つかりません。
この段階で言っている意味が分からない方はホントやめておきましょう。

さて、要は「プログラムと機能」から「アンインストール」した後に
上記のフォルダを中身のファイルごと削除してしまえばよいのです。

「なんだ、そんなこと簡単じゃん」

と思われるかもしれませんが、私の知り合いに、
この手の操作をして、うっかり重要なシステム系隠しファイルまで削除し、
パソコンを不調にしてしまった方がいます。

また操作終了後に、「隠しファイルを表示」するのチェックを外し
「隠しファイルを表示」しないように戻しておかないと、
触らないほうが良いシステム系ファイルがいっぱい表示されたままになって危険です。
忘れず表示モードを戻しましょう。

さらにパーフェクトにこだわれば、環境や使い方により
レジストリに一行残っていたりすることもあるようです。
が、リスク対ゲインを考えると、削除専用のソフトなどで対処する以外
いじらない方が良いと思われます。

ということで
削除されずに末永く遊んでいただけることを願いつつ

今回はここまで…

(^ ^)/
Windowsのバージョン対応情報1
2019.03.21
このゲームソフトは基本的にWindowsのバージョン7、8、10のみ対応としています。

それ以外の古いWindowsでは動作確認できておらず、当然動作保証しておりません。
そしてこれは変わりません。

(; ̄o ̄)/


ですが一部のユーザーの方から、

「VistaのWindowsでも動いたよ」

とのお話しもお聞きしておりましたので
「意外といけるのか」と思っておりましたが

昨日になって

「うちのXPパソコンでは、インストールはできるけど、
 起動させるとエラーになって動かない」

との報告がありました。

「必要なライブラリが不足しています」のエラーになるようです。


古いWindowsで動作したりしなかったりする例があるのは
推測になりますが
パソコンの使用過程で、OSの更新や、ダウンロードしながら使い込むことによる機能付加により、
必要な「DirectX」関係のファイルが揃い、機能しているかどうかが関わっていると思われます。

VISTA、XP、2000、などはサポートも終了しているOSなので、いまさら更新も出来ませんし、
古いOSのパソコンをネットにつなぐのは極めて危険でもあります。

なので、あらためての結論ですが、
スタンドアローンの古いバージョンのWindowsパソコンで、
このCDのソフトが動作したらラッキーではありますが、
動作保証もしておりませんので、
動かない時は 即「あきらめる」ということにしてください。

かりに、古いパソコンでこのゲームが動作しても、
満足のいくような動作スピードにはならないことも考えられます。

Windows 7のサポート延長も2010年に終了するとのことですが、
せめて「7」以降のパソコンでご使用くださることをお勧めします。

(^^)



つうか最近、
Windowsパソコンを私用でちゃんと使ってる人が、周囲に意外と少ないことに驚いております。

時代の流れですねぇ…

A( ̄o ̄;

サンマ剣うきわハント 攻略法 基礎講座2
2019.03.19
今日はサンマ剣うきわハント攻略ヒント、その2です。


と言っても体系だてたものではなく、
思いついたヒントをずらずら並べるだけのものですので
お気楽にお読みくださいね。

(^o^)

ではさっそく



1.サンマ剣の「ビーム弾」の基礎

 前回にも書きましたが、
「うきわ」をゲットして画面左上の潜水艦「サンマカーゴ」に収納されると、
 その在庫の数だけ「ヒーム弾」を発射できます。

 「ビーム弾」は「鬼うきわ」を撃破できますし、撃破できればポイントも付きます。

 ただしゲットして収納している「うきわ」の数しか「ビーム弾」は打てませんし、
 1発撃てば収納している「うきわ」を1個消耗しますので、
 「ビーム弾」は無駄に撃ってはいけないものと考えた方がよいです。

 つまり普通のシューティングゲームのように「撃ちまくる」ことはお勧めできません。
 
 「潜水艦サンマカーゴ」は「うきわ」6個貯まると浮上を始めてしまうので、
 5個貯めた状態なら「最大連射5発」が可能です。

 ただしポイントの増加は、5連射して稼ぐ点数より、うきわ6個貯めて潜水艦を浮上させたほうが
 点数が高いことが多いので状況を見て判断しましょう。

 また、善玉の「うきわ」に命中させて破壊してしまうと「減点」されますので、
 乱れ撃ちはやめましょう。


2.「ビーム弾」を無駄にしないコツ。

 難しい事ではありません。
 敵が縦に並んでいる所を撃てば1発で複数の「鬼うきわ」を破壊出来ます。

 特にボスステージでは複数の「鬼うきわ」と「鬼うきわボス」を重ね撃ちすることが
 ゲームクリアーへの近道になります。


3.ボスステージでは「潜水艦」浮上よりも、「うきわ」在庫をなるべく切らさないよう
 効率的に「鬼うきわ」に「ビーム弾」を撃ちこむことを優先することをお勧めします。
 前半のノーマルステージと後半のボスステージでは作戦を変える必要があります。


4.「ビーム弾」を必要とするギリギリの状況の場合、6個目の「うきわ」を取らないこと。
 うっかり6個目の「うきわ」を取ってしまうと、「潜水艦」が浮上を始めてしまいます。
 その「潜水艦」が帰って来きて「うきわ」を獲得するまでの間「ビーム弾」は使えなくなります。
 丸腰で敵の中を逃げ回ることになるので気を付けましょう。

 たとえば「うきわ」在庫が3個の時、「3段うきわ」を取るとすぐに潜水艦の浮上が始まります。
 あたりに敵が少ない場合はラッキーなことですが、多くの敵に囲まれていて「ビーム弾」が
 必要な時に長時間弾切れになることは避けたいものです。

 「2段うきわ」「3段うきわ」が浮かんでくるレベルまで行っている時は特に
 潜水艦の「うきわ」在庫の数を意識し、敵が少ない時を狙って「うきわ」を取りましょう。



ということで

今日はここまで

(^o^) See you


 

ホヤぼーやミニゲーム制作裏話
2019.03.14
たまには裏話しでも…

(^^;


このホヤボーヤのゲームは、Windows用だけでなく、
並行してスマホ(アンドロイド)用も作っていました。

(ゲーム作成初心者のすべきことではないが…)

とりあえずスマホで基本動作するまでは作ったのですが、

画面に表示されるジョイスティク式コントローラーは、
けっこう正確にタップしないと反応してくれませんでした。

うーん、イマイチ。

なので、
指でホヤぼーやを直接フリックして操作できないものかと
だいぶ試行錯誤。

なかなか思うように動作してくれません。


手がかりを掴みかけながらも

いかんせん。


行き詰りました…( ̄∀ ̄;


てことで、

ひとまず 後にする予定だった「お土産用WindowsゲームCD」の完成を先にしてしまった次第です。

A( ̄u ̄;



次こそは…(^^)








当たり判定、接触判定について
2019.03.04
一生懸命にこのゲームをやっていると、
たまに「あれれ?」と
不思議に思われることが起こることがあると思います。

( ̄∀ ̄;

その体表的な事象が「判定の不可思議」です。


●まず「サンマ剣うきわハント」から

1.
「サンマ剣」の「胴体」や「しっぽ」が「鬼うきわ」に接触しても何も起こりません。
これは異常ではありません。
「鬼うきわ」と接触してイベントが発生するのは「サンマ剣」の「頭部」だけです。

後半のボスステージでは「鬼うきわ」の大群の中をすり抜けなければならないシーンが必ずでてきます。
この時「サンマ剣」の全体を接触させたくないと思ってしまうと身動きが取れなくなります。
「頭部」だけなら狭い隙間から脱出して反撃のチャンスをつかむことも出来るので、
判定範囲を意識しましょう。


2.
「運搬潜水艦サンマカーゴが浮上中」にゲットした「うきわ」はカウントされない場合があります。
確かにタイミングにより無視されることがありますね。
とくに2~3個ゲットしても1カウントになる場合が多いようです。
「潜水艦の移動中はうきわの転送ミス」が発生する、という
「ゲームストーリー上の仕様」だとご了解くださいませ。
(A´∀`)


3.
とくに多数のキャラクターが画面上にある時、たまに「ゴーストうきわ」が現れる。
「ゴーストうきわ」とはビームや剣先が当たっているのにスルーしてしまう「うきわ」を指します。
一度スルーされたので「ゴースト」だと思って意図的に接触したら、次は「本物」になってた、
なんていう事案が報告されており、やっかいです。
パソコンの処理能力の影響もあるようですので、とりあえず
「あまり多くの敵キャラをステージ上にため込まない」
という自衛策をとるしかありません。
(改善対象の案件として認識しております。)



●次に「ホヤぼーやさめサーフィン」



1.岩やイカダ、カモメ、メカジキ、漁船などとの「衝突判定の範囲」は、
画面のスピード、お使いのパソコンの処理能力によって微妙に異なることがあります。
スピードが極端に早い場合、一部が一瞬重なっているのに衝突判定されない場合があります。
これは判定のタイミングと画面示のタイミングが微妙にズレることで発生します。
(バグではありませんが出来るだけの改善策を考えております)

2.「漁船」は背の高いブリッジ部分の衝突範囲が大きいので、
ジャンプで超えるときは構造物の少ない部分を超えることをお勧めします。



3.ジャンプする「メカジキ」は角部分、「カモメ」は身体全体が衝突判定部分になりますが、
水上の障害物キャラと異なり、ふたつとも衝突相手先は「ホヤぼーやの頭部」になります。



どちらにしても判定基準は体感でなれるしかないようです。
どうぞお楽しみください♪
(^^)

- CafeLog -